肺の肝機能を調べる検査について

健康診断での肺機能検査は一般的にはスパイロメーターという装置で検査をするそうです。装置につながった管をくわえて、鼻をつまんだ状態で管を通して息を吸ったり吐いたりするそうです。これで一回に吐ける空気の量や速さを測定するものだそうです。空気から酸素を取り込んで体内で産生された二酸化炭素を大気中に排出する必要の中で、肺というのは、このために必要な換気機能とガス交換機能を担っているそうです。肺は空気の通り道である気管、気管支、細気管支などと、肺胞というガス交換の場で構成されたものだそうです。大気中から空気を肺胞に取り込んで、肺胞内の空気を排出するという運動が換気というそうです。肺胞内では空気中の酸素を血液中に取り込んで、血液中の二酸化炭素を空気中に排出するガス交換がおこなわれているそうです。気管支が細くなったり、肺胞が固くなったりすると肺の機能が低下するそうです。肺機能機能検査をするのは、ガス交換や換気のしやすさを調べるためだそうです。肺機能検査では、はじめの数回の普通の呼吸で安静時の換気の状態がわかるそうです。そして一番大きな呼吸で最大努力呼吸時の換気の状態がわかるそうです。肺活量と呼ばれるものは、努力肺活量のことだそうです。一番深く吸い込んで、目一杯吐き出したときに、吐き出された息の量に相当するそうです。肺活量の正常値は性別や年令、体格によって異なるそうです。病気なかった場合の正常肺活量を予測する数式によって産出された正常予測値との比を取って補正するそうです。測定した努力肺活量がその何%であるかはパーセント努力肺活量と呼ぶそうです。80%以上が基準値だそうです。正しい検査結果のためには、最大努力でできるだけ息を大きく吸ったり、勢いよく吐き出したりすることが重要だそうです。