健康診断や人間ドッグでの検査

健康診断や人間ドックにはさまざまな検査があるようです。生理機能検査で循環器系の検査として、心電図検査があるそうです。心電図検査というのは、微弱な電流の変化で心臓の状態をしることだそうです。心臓の筋肉というのは微量な電流によって収縮していて、ポンプとしての働きをしているそうです。心電図というのは、この電流をグラフにして心臓の働き具合をみる検査のことだそうです。通常は、12誘導心電図というもので、ベッドに仰向けになって行うそうです。手首、足首、に4個、胸に6個の電極をつけて12の誘導から心臓の電気信号を記録するそうです。検査自体は1分~2分で終わるそうです。針を刺したりもないということで痛みもまったくないそうです。心臓のリズムと心臓の筋肉の病気、心臓を包む心膜の病気がわかるそうです。検査で見つかる病気や病態としては不整脈や心肥大、心筋梗塞、狭心症、心膜炎などがあるそうです。ただし、不整脈を除いて、心電図だけでは確定診断とならないことが多いそうです。臨床現場では他の検査との組み合わせをするそうです。上半身裸で手首と足首に電極をつけるので、心電図検査があるとわかっている場合はストッキングなど長い靴下はやめておいたほうがいいそうです。検査時には手首足首が出るようなものが望ましいそうです。電気が通りやすくするために、電極をつける手首、手足、胸などにクリームを塗ったりするそうです。検査中は全身の力を抜きリラックスしてほしいそうです。心電図で異常が見つかったら心エコーを受けるそうです。他にも負荷心電図、ホルター心電図、心筋シンチグラム、心臓CTやMRIなどを受けることになるそうです。